ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。


    Tectoy (カテゴリ ブラジルブランド)
    ブラジルのゲームメーカーである。長きに渡ってブラジルセガ(後のセガゲームス)の代理店として活動した。2007年まではTec toyと名乗っていた。本社はサンパウロにある。 ゲーム機メーカーとして最も著名である。かつてはブラジルにおけるセガ
    7キロバイト (1,021 語) - 2019年8月5日 (月) 11:19



    (出典 www.gamespark.jp)



    1 TEKKAMAKI(大阪府)@\(^o^)/ :2015/08/01(土) 01:28:36.51 ID:qsUmLnnv0.net BE:697145802-PLT(15610) ポイント特典

    sssp://img.2ch.sc/ico/goo_1.gif
    なぜセガは任天堂をブラジルのゲーム機市場で圧倒できたのか?

     かつてメガドライブやセガ・サターン、ドリームキャストといった
    家庭用ゲーム機を送り出していたセガは、スーパーファミコンやニンテンドー64を有した任天堂、
    PlayStationのソニーを打ち崩すことができず、2001年に家庭用ゲーム機の製造販売から撤退しました。
    2015年現在ではPlayStation 4やPlayStation Vitaのソニー、ニンテンドー3DSやWii Uの任天堂、
    Xbox OneのMicrosoftの3社が家庭用ゲーム機市場でひしめきあっていますが、
    南米のブラジルではセガの「セガ・マークIII」や「メガドライブ」がいまだに新品で発売されており、
    世界や日本では見られないゲームハードの動向を見せています。
    (中略)
     しかしながら、ブラジルでは全く逆の現象が起こっていました。セガがブラジルに進出した際、
    同社はブラジルで最も有名なゲームメーカーのTectoyとライセンス契約を結び、
    ブラジルではTectoyがセガの代理店としてマスターシステムを発売。
    一方の任天堂は1993年までブラジルに代理店を設けず、正式なファミコン(NES)が
    発売されていないにもかかわらずNESの海賊版が大量に出回るという事態を招いてしまいます。
     また、ブラジルではゲームハードなどの精密機器に対して高額な「輸入税」が課せられており、
    例えば、PlayStation 4は日本で3万9980円、アメリカで399ドル(当時のレートで約3万9800円)で
    発売された一方で、ブラジルでは1899ドル(約18万9000円)という考えられないほど
    高額な価格で発売されたこともあります。
    各メーカーはブラジルにおけるゲームハードの輸入税に関して大きな問題を抱えていましたが、
    Tectoyがブラジル国内で開発を請け負ったセガ・マークIIIやメガドライブには
    輸入税が課せられなかったため、ブラジルの家庭用ゲーム機市場を独占することができたそうです。

    (以下略、全文は以下参照)
    http://gigazine.net/news/20150730-sega-beat-nintendo-brazil/


    【【ゲーム】『セガ』が任天堂を圧倒した「ブラジル」のゲーム機市場!20年以上前のハードが現在も売れ続けるブラジルの秘密!】の続きを読む


    2019年には本作と世界観を共有した外伝作品『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』が配信予定。 ある日、飛空艇に乗っていたグランシェルトの騎士レインとラスウェルは、助けを求められ土の神殿に向かう。するとそこには鎧を着
    42キロバイト (6,993 語) - 2019年8月28日 (水) 10:30



    (出典 dengekionline.com)



    1 名無しさん必死だな :2018/12/03(月) 13:56:41.50 ID:nkEVUKFpd.net

    スクエニが新作タイトル「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」を発表。公式ティザーサイト&ティザーPVが公開に
    https://www.4gamer.net/games/442/G044276/20181203014/

     スクウェア・エニックスの新作タイトルの情報が,「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」本日(2018年12月3日)明らかになった。

     これにあわせて,公式ティザーサイトをはじめ,ティザーPVとイラストレーター・上國料勇氏によるコンセプトアートが公開中だ。


    (出典 Youtube)


     ティザーPVにも登場するコンセプトアートには,城と上空を飛ぶ大きな巨獣が描かれている。また,その下で剣を振るう戦士と,何かを訴えるように手を伸ばす女性の姿が印象的なものになっている。
     プラットフォームは発表されていないが,ゲームジャンルはタクティカルRPGで,2019年に配信予定とのことだ。


    【【ゲーム】『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』本日配信開始!】の続きを読む


    HORI(株式会社ホリ)は、神奈川県横浜市にあるテレビゲーム用周辺機器を製造、販売する日本の企業である。旧社名は「ホリ電機」で、2000年1月1日に現社名へと改称した。 主にコンシューマゲーム用の周辺機器を製造・販売している。ソニー・コンピュータエンタテインメントや任天堂などのプラットフォームメー
    13キロバイト (1,614 語) - 2019年8月12日 (月) 11:55



    (出典 hori.jp)



    1 芹沢健吉 ★ :2017/09/18(月) 23:20:54.38 ID:CAP_USER.net

    GIZMODO:https://www.gizmodo.jp/2017/09/fightingcomander_revival.html


    (出典 assets.media-platform.com)

    この大復活は予想できなかった! さまざまなハード用コントローラーを発売している「HORI」が、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(通称ミニスーファミ)」の発売に合わせて、連射機能付きゲームコントローラー「ファイティングコマンダー」を復刻するというのです。 それがこの「ファイティングコマンダー for ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」。 ホリコマンダーならではの「L」「R」ボタンを含めた6ボタンレイアウトは、素早い操作を求められるアクションゲームや格闘ゲームをプレイするのに適した配置。たとえば、ミニスーファミに含まれる「スーパーストリートファイターII」では、弱中強パンチ、弱中強キックをゲームセンターと同じレイアウトに並べることができるわけです。 また、それぞれのボタンは24回/秒の連射も可能。スタートボタンが連射されることでのスローモーション機能もありますよ。スローモーションは使ってる人見たことありませんけどね。 なお、今回の復刻では大きな変更点が2つあります。


    (出典 assets.media-platform.com)

    1つがワイヤレスへの対応です。ケーブルの長さを気にすること無く、自由なスタイルでスーファミを楽しむことができるのです。やったね! そしてもう1つは、「L」「R」ボタンがパッド上部にも残されているであろう点。ひょっとしたらダミーかもしれませんけど、パッド上部でもボタンエリアのどちらでも「L」「R」ボタンを押せるという仕様であることが期待されます。

    この「ファイティングコマンダー for ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は2017年10月発売予定で、本体価格は税込み2,678円です。 ストIIをボタンがスッカスカになるまでやりこんだ、当時の記憶が蘇ってきました。昇?竜拳っ!

    Image: HORI
    Source: HORI
    http://www.hori.jp/products/snes/fighting_commander/


    【【ゲーム】『HORIファイティングコマンダー(SFC)』1992年に発売されたゲーセンに行かないユーザ向けに格闘ゲームを遊びやすくするため、主要なボタンを前面に配置した連射付きパッド!】の続きを読む


    Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月に月額課金制でサービス開始予定である(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。
    20キロバイト (2,037 語) - 2019年11月12日 (火) 17:21



    (出典 zinseiumauma.com)



    1 名無しさん必死だな :2019/11/12(火) 07:56:40 ID:+u8TJxY60.net

    Googleが本日、ついにStadiaの同時発売ソフトを明らかにした。
    同社の発表によると、この新型ハードは12本の作品を発売時に用意し
    年内にさらに14本のゲームを供給する予定であるらしい。
    ともかく幾つかの大作を含む以下のラインナップが同時発売ソフトである。

    ・アサシンクリードオデッセイ
    ・Destiny 2
    ・Gylt
    ・Just Dance 2020
    ・KINE
    ・モータルコンバット11
    ・レッドデッドリデンプション2
    ・トゥームレイダー
    ・ライズオブトゥームレイダー
    ・シャドウオブトゥームレイダー
    ・サムライスピリッツ
    ・Thumper


    さらに前述したように年内に以下の14本が供給予定にある。

    ・進撃の巨人2:Final Battle
    ・ボーダーランズ3
    ・Darksiders Genesis
    ・ドラゴンボールゼノバース2
    ・Farming Simulator 19
    ・FF15
    ・Football Manager 2020
    ・Ghost Recon:ブレイクポイント
    ・GRID
    ・メトロエクソダス
    ・NBA2K20
    ・RAGE 2
    ・トライアルズライジング
    ・ウルフェンシュタイン:ヤングブラッド


    ちなみにGoogleはStadiaのFounder's Edition版を購入した消費者は3カ月間、会員費を無料にするとも謳っていた。
    つまり、この場合Destiny 2の拡張版を料金を支払うことなく利用出来るのだ。
    彼らはさらに今後、無料版の発売も予告しているが、しかしソフトを購入するにあたっては他のハードと同様に有料なので注意するべきであろう。
    このハードの最大の強みは特定の媒体に依存することなく、何時でも何処でもゲームが可能になる点にある。
    また性能面で見ても既存のハードより良いと発表されていた。そして、いよいよ11月19日に発売を迎えるのだ。
    https://gamingbolt.com/stadia-launches-with-12-titles-full-line-up-revealed


    【【ゲーム】11月19日スタートするGoogleのクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」のタイトルラインナップが公開!】の続きを読む


    ソニックムービー』(原題:Sonic the Hedgehog)は、2020年の公開が予定されているアメリカ合衆国の冒険・コメディ映画。 製作・配給はパラマウント映画で、セガゲームス開発のビデオゲーム『ソニックシリーズ』を原作とする。監督はジェフ・ファウラー(英語版)。ヴァン・ロビショーとエ
    32キロバイト (3,373 語) - 2019年11月12日 (火) 20:57



    (出典 i.gzn.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/11/13(水) 10:09:57 ID:t9yiDcT/p.net

    映画「ソニック・ザ・ムービー」公開日決定と共に「新生ソニック」お披露目。大変身したソニックには多くの喜びの声
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20191112-106143/


    【映画『ソニック・ザ・ムービー』新デザインが好評。海外コメント『これを求めていたんだ!』】の続きを読む

    このページのトップヘ