ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。


    システム用アーケードゲーム『VS. The Goonies』(1986年)としてのみ発売された。 グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦(ファミリーコンピュータ、1987年3月18日) ファミコン版『グーニーズ』の続編で、独自のオリジナルストーリーとなっている。 The Goonies - 20th anniversary
    45キロバイト (3,933 語) - 2021年3月11日 (木) 09:22



    (出典 gamefaqs1.cbsistatic.com)


    『グーニーズ』(The Goonies)は、アメリカ映画『グーニーズ』(1985年)を原作とした固定画面アクションゲームおよび横スクロールアクションゲームである。

    1985年にアメリカ合衆国のデータソフト(英語版)からAtari 8ビット・コンピュータやコモドール64等のパソコン用固定画面アクションゲームとして開発・販売され、その後、日本のコナミによりMSX版が作成された。なおデータソフト版とMSX版の関係性について三才ブックスから発刊された『ゲームになった映画たち』(2008年5月、ISBN 4-86199-114-5)に「MSX版は海外パソコン版の移植である」旨の記述があり画面構成にも類似が見られるが、ゲーム性は異なるものとなっている。

    さらに後に、1986年2月21日には横スクロールアクションゲームに変更されたファミリーコンピュータ版が発売され、後にPC-8800シリーズ・X1にも移植、ファミリーコンピュータ ディスクシステムの書き換え用ソフトとしても登場した。アメリカでは前述のデータソフトが同映画を原作としたゲームをすでに発売していた為、これら日本版のグーニーズは欧米では発売されなかった。ただし、アメリカでは1986年に任天堂VS.システムでファミリーコンピュータ版をベースとしたアーケード版『Vs. The Goonies』のみ稼働された(こちらは日本未稼働)。

    データソフト版/MSX版/ファミリーコンピュータ版は、ゲーム内容に共通点は見られるものの、まったく違った作品となっている。なお、どの作品もゲーム中のステージBGMとして、シンディー・ローパーが歌唱した映画主題歌「グーニーズはグッドイナフ(英語版)」をアレンジした曲が流れる。

    コナミはこの作品以降、『キングコング2』、『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』、『タイニー・トゥーンズ』などのアメリカ映画作品をコンピュータゲーム化する事例が1994年頃まで続いた。


    ファミリーコンピュータ版
    『The Goonies』は、1986年に日本のコナミから発売された横スクロールアクションゲームである。

    開発はコナミのファミコン部署であった「開発二課」が行い、音楽は後に『悪魔城ドラキュラ』(1986年)を手掛ける事となる寺島里恵が担当した。ゲーム内容は、主人公の「マイキー」を操作し、 「フラッテリー・ギャング」に攫われた仲間たちを救出し、伝説の海賊「片目のウィリー」が印した財宝を探し出す事を目的としている。

    同年にPC-8801、X1に移植された他、1987年には北米にて任天堂VS.システムの1作としてアーケード版『Vs. The Goonies』が稼働された。また、1988年にはディスクシステム書き換え専用ゲームとして発売された。

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0)
    1 名無しさん@おーぷん :21/03/25(木)08:42:28 ID:Y4O

    めちゃくちゃやりやすかった感ある


    【【ゲーム】『グーニーズ』1986年にコナミより発売された映画原作としたファミコン用アクションゲーム!操作性、音楽、ステージ構成等コナミ初期の抜群の完成度が光る秀作】の続きを読む


    オンキヨー株式会社を新規上場し、その完全子会社となり、12月1日に傘下企業の商号変更・事業分社化を行った。なお、1946年(昭和21年)から存続した中核事業会社としてのオンキヨーは「オンキヨーサウンド&ビジョン株式会社」と商号を変更している。 2012年(平成24年)1月、オンキヨー
    26キロバイト (3,075 語) - 2021年4月11日 (日) 05:08



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)



    1 ひよこ ★ [ニダ] :2021/04/20(火) 15:08:08.47

    https://mainichi.jp/articles/20210420/k00/00m/020/129000c

    毎日新聞 2021/4/20 13:58(最終更新 4/20 13:58) 457文字




    (出典 cdn.mainichi.jp)

    オンキヨーホームエンターテイメントのiPhone用ゲームコントローラー「Ba*bone One」=オンキヨー提供

     「オンキヨー」グループのオンキヨーホームエンターテイメントは20日、iPhoneに取り付けてそのままゲームコントローラーにできる「Ba*bone One」の先行予約販売を始めた。

     オンキヨーはオーディオ機器メーカーとして70年以上の歴史があり、「これからのゲーム機器は、ゲームと音の関係がますます重要になる」として、自社の技術を新事業に発展させるため、今回、ゲームデバイス市場に新たに参入した。



     「Ba*bone One」は、iPhoneをはさんでライトニング端子を接続し専用アプリを起動すると、iPhoneごとゲームコントローラーにできる。充電の必要はない。「Minecraft」、「Asphalt 9:Legends」、「Call of Duty」など100種類以上のゲームに対応済み。

     ボイスチャット機能や、仲間のゲーム開始を知らせる通知機能もあり、ソーシャルゲーム機としても使えるという。



     価格は1万2980円。販売サイトは、https://playba*bone.jp/。【デジタル報道センター】


    【【ゲーム】iPhoneがゲーム機に!日本の老舗音響機器メーカー「オンキヨー」がコントローラーを予約販売『Backbone One』】の続きを読む


    Store(プレイステーション ストア)とは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが提供しているゲームのオンラインストア。コンテンツは全てデジタルデータであり、受け取りはダウンロードによって行う。国・地域ごとにサービスが提供されているが、コンテンツの内容や名称は若干異なる(現行のストア
    19キロバイト (2,556 語) - 2021年4月19日 (月) 18:55



    (出典 happychoice.xyz)



    1 プリングルズおじさん(東京都) [ES] :2021/04/20(火) 04:58:18.03


    PS3®およびPS VitaのPS Storeサービス継続のお知らせ https://blog.ja.playstation.com/2021/04/20/20210420-playstation/

    2021年3月30日(火)にPlayStation®3およびPlayStation®Vita向けPlayStation®Storeについて、今夏にサービス終了予定であることをお知らせいたしました。

    しかし、さらなる検討を重ね、この判断は誤っていたとの結論に至りました。そこで本日は、PS3およびPS Vita向けのPS Storeのサービスを継続することを皆さんにお伝えいたします。
    なお、PSP®「プレイステーション・ポータブル」の購入機能は、予定どおり2021年7月2日(金)に終了いたします。

    PS3およびPS Vitaのコンテンツ販売を終了することを決定した当初は、旧プラットフォームにおける販売サポートに課題があったことや、多くのプレイヤーの皆さんがお楽しみいただいている現行機にリソースを集中させるためでしたが、
    このたび、多くのプレイヤーの皆さんが今後もPS3およびPS Vitaでクラシックゲームを購入できることを強く望んでおられることがわかりましたので、継続のための解決策を見つけることにいたしました。

    PlayStation®4、PlayStation®5、そして次世代のVRなどに向けて、最先端の新しいゲームの世界を創造し続ける一方で、
    このようにPlayStation®が誇るゲームタイトルの歴史の一部をプレイヤーの皆さんに継続してお届けできることを大変嬉しく思っています。

    このたびはご意見をお寄せいただきありがとうございました――私たちはつねに皆さんの声に耳を傾けています。PlayStationコミュニティの皆さんの継続的なご支援に感謝いたします。


    【【朗報】PS3、VITAのPS Storeサービス継続決定!※PSPは予定通り7月終了】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用ゲーム機。 PlayStation
    36キロバイト (3,474 語) - 2021年4月18日 (日) 21:23



    (出典 www.inside-games.jp)


    米調査会社NPD GroupのアナリストMat Piscatella氏は3月12日、2021年2月の米国でのゲーム市場調査結果を報告した。それによるとPlayStation 5本体は、ゲームコンソールの発売から4か月間の売上金額において、米国では史上最速の売れ行きだという。

    Mat Piscatella氏は、米国内での各ハードウェアの売り上げについて具体的な数字については伏せたが、全体の数字としては、2021年2月は前年同月比121%増の4億600万ドル(約442億円)を記録したと報告。2月の数字としては、2011年に4億6800万ドルを記録して以来最高の結果だという。その中で、販売台数・売上金額共にトップに立ったのはNintendo Switch。PS5は2位だったそうだ。

    同氏の今年1月についての報告では、Nintendo Switchは販売台数ではトップだったが、売上金額ではPS5が上回っていた。PS5がローンチした昨年11月も同様だったが、PS5は発売月の販売台数・売上金額として、いずれも米国史上最高を記録したという(以前の1位はPS4)。このようにNintendo Switchが好調のなか、希望小売価格がより高額であることも手伝ってか、ローンチからの4か月間の売上金額に絞って見ると、PS5は米国史上最速での売れ行きとなったそうだ。

    PS5というと依然として品薄状態が続いており、これは米国でも状況は変わらない。それでも、Nintendo Switchを上回る売上金額を記録する月があるということは、少なくとも米国ではそれなりの台数が供給されているようだ。ちなみにPiscatella氏によると、Xbox Series X|Sについては厳しい供給不足に直面しているとのこと。

    記事本文はこちら
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20210313-154758/

    1 風吹けば名無し :2021/04/19(月) 19:48:30.54 ID:vDomBdYG0.net

    PS5、米国で売上金額・販売台数両方においてゲーム機史上最速を記録!巣ごもり需要で供給不足の中でも驚異的な売り上げを見せてしまう

    PS5 Is Now The Fastest Selling Console In U.S. History In Units Sold And Dollar Sales - PlayStation Universe
    https://www.psu.com/news/ps5-is-now-the-fastest-selling-console-in-u-s-history-in-units-sold-and-dollar-sales/

    (出典 www.psu.com)


    ・NPDグループの発表によると、PS5は売上金額と販売台数両方において、米国で最も早く販売されたゲーム機となった。

    ・NPDグループのMat Piscatella氏のツイートによると、PS5が発売されてわずか5ヶ月で、すでにPS4の5ヶ月分を上回るペースで販売されているという。これは、ゲーム機の需要が供給をはるかに上回っている状況で起きていることだ。

    ・今世代のゲーム機はまだ明確な勝者はいないが、ソニーは間違いなく最初から好調で、ゲーム機のライフサイクルの2年目、3年目に向けて勢いがあり、ブランド力もこれまでと同様に高いものとなっている。


    【【ゲーム】PS5、米国では売上金額がゲーム機史上最速を記録!】の続きを読む


    ヘイリー 『ヒットラーの復活』における、終盤にヒットラーを倒す直前で出てくる兵士・ハル。今作ではマップ移動用ヘリコプターのパイロットとして序盤から登場。また、ステージをクリア時などに入手した武器やアイテムについてスペンサーに助言をする。 サウンドトラック 『カプコン・ゲーム・ミュージック
    43キロバイト (4,932 語) - 2021年3月11日 (木) 12:15



    (出典 pbs.twimg.com)




    『トップシークレット』は、1987年3月に日本のカプコンから稼働されたアーケード用横スクロールアクションゲーム。キャッチコピーは「ワイヤー・テクニックで侵入せよーー」。

    開発はカプコン第1企画室が行い、プロデューサーおよびゲーム・デザインは藤原得郎、音楽は後に『ファイナルファイト』(1989年)などを手掛ける事となる藤田晴美が担当している。
    ゲーム内容は特殊部隊の主人公を操作し、敵の国際的陰謀を調査し巨大ミサイルを破壊する事を目的としている。日本国外版の題名は『Bionic Commando』(バイオニック・コマンドー)であり、主人公は、『戦場の狼』(1985年)に登場した主人公「スーパージョー」となっており、ワイヤーも一種のバイオニックアームという設定となっている。
    派生作品もこの題名で統一されており、国内でも1992年以降の作品はそれに倣っている。

    1988年にはファミリーコンピュータに『ヒットラーの復活』のタイトルでアレンジ移植された他、欧米では各種ホビーパソコンに移植された。1992年には日本国外名である『バイオニックコマンドー』のタイトルでゲームボーイにてリメイク版が発売された。アーケード版は後にXboxおよびPlayStation 2用ソフト『カプコン クラシックス コレクション(2005年)、PlayStation Portable用ソフト『Capcom Classics Collection: Remixed』(2006年)、ゲームボーイアドバンス用ソフト『Capcom Classics Mini Mix』(2006年)に収録された。ゲームボーイ版は2011年にニンテンドー3DS用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。また、リメイク版としてPlayStation 3およびXbox 360用ソフト『バイオニックコマンドー マスターD復活計画』(2008年)が発売されている。

    ファミリーコンピュータ版
    日本国内では『ヒットラーの復活』(正式名称『ヒットラーの復活 トップシークレット』)、日本国外ではタイトルが『Bionic Commando』と『トップシークレット』と同一の名称に変更された。

    概要
    サブタイトルに“トップシークレット”とあるが、ワイヤーアクションの要素以外はシステム、ストーリー共に一新されており、ワイヤーアクションそのものにも改良が施されている。

    ストーリーでは、主人公「ラッド」の協力者として『戦場の狼』の主人公であった「スーパージョー」が登場したり、タイトル通りに歴史上の人物であるヒットラーが復活するなどの展開が繰り広げられる。

    諸外国はナチスに関する規制から、ヒットラーが「マスターD」という架空の人物に変更され(グラフィックはヒットラーのまま)、デモ画面やステージ各所に描かれているハーケンクロイツも鳥をモチーフにしたオリジナルのマークになっている。後の派生・リメイク作品は、これらの設定(世界観)を基にしたものとなっている。

    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0)
    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/04/16(金) 20:35:32.943

    結構ハマってた


    【【ゲーム】『ヒットラーの復活 トップシークレット』1988年にカプコンより発売されたファミコン用横スクロールアクションゲーム!『戦場の狼』の主人公「スーパージョー」も登場】の続きを読む

    このページのトップヘ